代表取締役 服部 結花

メッセージ

イメージ画像

機会の提供で「手触り感のある社会」を

個人的な経験から、人は与えられた環境によって、人生の可能性が大きく変わってくると感じています。 だから、環境を変える機会を提供したい。 それが私が根本で考えていることですし、 全ての人の可能性を包含して実現していきたいという「インクルージョン」のベースになっている価値観です。

そして今の時代、私たちの人生には、「自らが関わることで、社会に手触り感を持てる」 そんな可能性が開かれつつあると感じています。

インクルージョン・ジャパンでは、「手触り感のある社会」をより多くの人が実感し、楽しむことができることで、より幸せに、充実した毎日を送れると確信し、 その実現に向けた、きっかけ・機会・環境の提供を行っていきます。

プロフィール

■略歴

2004年 京都大学法学部 卒業
2004年 株式会社リクルート 入社
2011年 インクルージョン・ジャパン株式会社 設立

■主な実績

2012年4月〜 人事グループ(人事企画、労務、採用、人材開発)のマネジャーとして、新人事制度作成、人材ポートフォリオの最適化、次世代経営者育成プロジェクト立上げ 事業開発

2011年11月〜 「SHARE」、「ゲーミフケーション」などをテーマとした、ワールドカフェの企画・運営。スタートアップ企業への投資と実行支援 安全地帯(「未来思考の会」)の企画・運営

2008年10月〜 リクルートの事業開発室にて、大手総合商社とのJV設立プロジェクト、社内新規事業(保険事業)立上げプロジェクト等に責任者として携わる イノベーション創造/テーマ探求

2004年4月〜 リクルート人事部にて、西日本採用責任者。全社の組織運営設計、グローバル展開に向けた本社機能の設計に携わる

取締役 吉沢 康弘

メッセージ

イメージ画像

多様性によるアイデア・発想を最大限に活かし楽しめる機会を

私達ICJが目指したい「手触り感ある社会」には、様々な魅力があり、その捉え方は人によっていい意味で異なります。

私の場合は、特に既存の企業の枠組みや、これまでの営みでは、到底出会うことがなかったであろう人たち同士に、新たなチームを組んでもらい、突き抜けるようなビジネスを立ち上げていく醍醐味、楽しさ、驚きと、そのときに発生する「多様な人達同士の出逢いと相互作用」が、何より「手触り感ある社会」の魅力だと感じています。

これまでに出会うことのなかった、世の中に点在する「超A級の才能」同士がかけ合わさり、そこからとてつもないものが生まれ、その営みそのものが、世の中に大いなる刺激とワクワク感を与えてくれる。

そんなことの実現に、ICJとしてグイグイ絡み、加速できればといつも考えております。

プロフィール

1976年生まれ。東京大学工学系研究科機械工学修了。P&G、コンサルティング・ファームを経て、ライフネット生命(当時、ネットライフ企画)の立ち上げに参画し、主にマーケティング、主要株主との新規事業立ち上げに従事。同社上場後、インクルージョン・ジャパン株式会社を設立し、ベンチャー企業への立ち上げ段階からマーケティング・事業開発で支援することに従事。同時に、大企業へのベンチャー企業との協業をメインとしたコンサルティングを行っている。

■略歴

1999年 東京大学工学部機械工学科 卒業
2001年 東京大学工学系研究科機械工学専攻 修了(専門分野:流体力学・振動)
2001年 プロクター・アンド・ギャンブル・ファーイーストインク 入社
2004年 株式会社ヒューマンバリュー 入社
2008年 ライフネット生命保険株式会社(当時 ネットライフ企画) 入社
2011年 インクルージョン・ジャパン株式会社 設立

■主な実績

【事業開発領域】

2008年6月〜 ライフネット生命にて、大手総合商社とのJV設立プロジェクト、社内新規事業(保険事業)立上げプロジェクトをリクルート社に提案し、新サービス立ち上げおよび事業安定までを担当

2007年3月〜 外部アドバイザリーボードメンバーを経て、ネットライフ企画にて、ライフネット生命保険の事業立ち上げに参画。主にWeb戦略およびパートナーシップ確立を担当。

 

【イノベーション支援・インキュベーション領域】

2014年3月〜 株式会社Moffを、米国キックスターターによるプロトタイプ販売時点から本格販売の段階まで、一貫してマーケティング戦略面で支援。同プロダクトMoffBandは、米国クリスマスシーズンでのAmazon新ジャンルトイの分野で2位を記録するなど、日米合計で数千台の販売を達成。
2013年5月〜 株式会社XICAの主力製品Adelieの初期マーケティングおよび事業モデル策定を支援。同社はその後2014年1月に米国セールス・フォース・ドットコム社等から約1億円の増資を受け、同社とのアライアンスで急速に成長中。

2011年8月〜 株式会社ウェルセルフを、立ち上げ時より、マーケティング戦略・Web戦略・組織拡大面から支援。同社のサービス「ココナラ」は、日本最大級のC2Cサービスとして、延利用者数8万人を突破(2015/1現在)

2004年5月〜 株式会社ヌーラボをマーケティング戦略策定・実行および海外展開面で継続支援。同社の主力製品Cacooは、全世界で100万人以上のユーザーを持つ(2015/1現在)、国内有数のサービスに成長

【組織変革領域】

2006年5月〜 世界最大の組織開発カンファレンスASTDとして、日本初の登壇・発表

2005年2月〜 大手電力会社における組織変革プロジェクトに、プロジェクトリーダーとして従事

 

■著作

仕事の強みの磨き方」(クロスメディア・パブリッシング社)
チームの仕事を間に合わせる技術」(あさ出版)

■外部情報発信

BLOGOSブロク:http://blogos.com/blogger/yoshizawa_yasuhiro/article/

ITMediaオルタナティブブログ:http://blogs.itmedia.co.jp/yasuyasu1976/

陶山祐司

メッセージ

イメージ画像

過去の伝統を守りつつ、時代に合わせた変革の実現を

P・F・ドラッカーは、「私の仕事は、継続と変革の相克に関する関心からはじまった」、「(私は、)継続の必要性と変革の必要性との相克を、社会と文明の中心的課題としてとらえた」と述べています。

私は、経済産業省で勤務した経験から、現在の日本が、あまりに継続・保守に傾き過ぎており、このままでは時代の変化に適応できないのではないか、そして、そのような「手触り感を失った社会(自らの手で、社会に必要な変革をもたらせない社会)」は、(ドラッカーが直面した戦間期の欧州のように、)絶望に陥り、継続を放棄することによって、悲劇を引き起こすことになるのではないか、という危機感を強く持っています。

過去の伝統を守りつつも、時代に合わせ、人、共同体、社会が変わっていけるよう、まずは自ら、1.異なる背景を持つ人と交流・連携し、2.成功する可能性が低い野心的な取組みにチャレンジし、3.新しい暮らし方、働き方を試し模索していきます。

プロフィール

■略歴

2010年 東京大学文学部倫理学専修 修了

2010年 経済産業省入省(国家公務員Ⅰ種。法律区分合格)

資源エネルギー庁総合政策課に配属

2012年 商務情報政策局情報通信機器課総括係長へ異動

2014年 経済産業省を退職。インクルージョン・ジャパン(株)に参画

■主な実績

ベンチャー企業支援

2014年〜CEATEC2014「T3 (Toward 2020)プロジェクト 〜ハードウェアベンチャーの可能性〜」(ハードウェアベンチャーを称揚する展示・シンポジウム)の企画・運営

 

新産業創出のためのベンチャー促進政策の企画・立案・執行

2014年〜霞ヶ関の官僚とベンチャー起業家、ベンチャーキャピタルの交流を行うRIETI BBLベンチャーシリーズの企画・運営に従事

 

IT・エレクトロニクス産業の競争力強化に向けた産業政策の企画・立案・執行

2012年〜国内における先端技術の導入を後押しする「円高・エネルギー制約対策のための先端設備等投資促進事業」の企画・立案・執行に従事

 

エネルギー政策の企画立案

2011年〜東日本大震災の発災に伴う緊急対応(石油・電力の確保)

2011年〜資源エネルギー庁総合政策課戦略企画係長として、震災及び原発事故を踏まえた中長期のエネルギー政策の企画立案を担当。新日鐵 三村会長を委員長とする、総合資源エネルギー調査会基本問題委員会の事務局を担当。民主党政権下のエネルギー・環境戦略である「革新的エネルギー・環境戦略」策定に従事。

 

■外部情報発信

「経済産業省を辞めて、僕が本当にやりたかったこと」 Lifehackerへの寄稿記事(2014/10)

 

■関心領域

思想(倫理学、美学、哲学、小林秀雄、P・F・ドラッカー)、安全保障、文化芸術、新産業創出(ベンチャー推進)、地方における新たな暮らしの模索・地方活性化など。

狩野真依子

メッセージ

イメージ画像

”いつから始めても遅くない” ひとりひとりが持つ可能性というのは尽きることがない、そんな気持ちを昔から持っています。

新しいことへの挑戦は、成功を約束されたわけでもなく、プレッシャーも多い。そして、ひとりの志だけでは形にすることが難しいことも多々あるかと思います。
でも、人と人が集まりチームで行えば、成し遂げられることがたくさんある。これまで、ひとりひとりの力の結晶が大きな力になって、物事が成し遂げられていく様子を何度も目にしました。そして、この挑戦の過程は、醍醐味と楽しさの連続でした。
 
私自身も、チャレンジや変化を前向きに楽しむ人でありたい、また何かに向かっている方々を、心から応援したいと願っております。
社会のあらゆる場面でのチャレンジが増えていけば、世の中はよりおもしろくなっていくと信じてやみません。

プロフィール

◼︎経歴
2005年 一橋大学法学部 卒業
2005年 リクルート入社
2016年 インクルージョンジャパン入社

◼︎主な実績
2012年〜
新規事業の担当マネージャーとして、決済ビジネス(クレジットカードビジネス「リクルートカード」、アクアイアリングビジネス「AirPayment」)を立ち上げ。IDポイントプログラムの全社共通化に向けた検討、準備にも携わる。

2011年〜
全社初のCRMプロジェクトに携わる。各サービス横断での分析基盤、集客戦略の検討、フィジビリティスタディーを実施。全サービスで汎用的に使えるCRMの基盤を整備。

2009年〜
美容系サロン予約サービスHot Pepper Beautyの企画に携わる。少人数での事業運営にて、サイト設計、開発ディレクションから運用設計、営業推進など、事業運営業務全般に携わる

2005年〜
定性・定量的に配属先を検証できるマッチングツールの開発や、上司との面談時に利用するミッションシートのメンバー版開発・導入などに携わる

鈴木伶奈

メッセージ

イメージ画像

自分の中のWHYを見つけ、自信を持って挑戦できる社会を

なぜ人は働くのか。この答えは人によって様々だと思います。

ただ、自身の経験から感じたことは、自分がやりたいこと、情熱を持っていることに対しては、報酬がなくても生き生きと働けるということです。逆に、情熱や自分のビジョンにそぐわなければ、報酬が大きくても、不満や不平がある。だからこそ、なぜ働くのか、なぜこの事業をやるのかを考えるWHYという発想は、特に現在の日本では、とても大切だと思っています。

一方、自分の中のWHYを見つけ、やりたいことがわかっても、自信が持てず、実際に挑戦ができる人は少ないのも現状です。私はそのような方々を応援したいと考えています。ICJを通じて、一歩踏み出し、挑戦を応援することで、多くの人がイキイキとしている社会を作っていきたいと考えています。

プロフィール

■経歴

2014年 慶應義塾大学商学部卒業

2014年 Goldman Sachs Singapore Pte. 入社

2015年 メリルリンチ日本証券入社

2016年 Lean In Tokyo設立

2016年 SQUEEZE Inc. 入社

2017年 インクルージョン・ジャパン入社

主な実績

2016年~

SQUEEZEに広報マネージャーとして入社し、広報全般業務を担う。また、広報の延長として、複数の事業提携プロジェクトに携わり、企画・立案・執行。2016年3月からは、女性の社会進出を支援するLean In Tokyoを設立。設立者として団体全体の戦略策定・執行、毎月のイベントの企画・執行に従事

2015年~

投資銀行本部 債券資本市場部に配属。主に政府系機関、金融機関における資金調達案件(国内債・外債・サムライ債)に携わる

2014年~

シンガポール支社にてファイナンス部門 クレジットリスク・アドバイザリー部に配属。主にアジアの金融機関、政府系機関、ファンド、また日本の地方自治体のクレジットリスク測定に従事