このエントリーをはてなブックマークに追加

ICJ1号ファンド投資事業有限責任組合は、クラウド上のサポーターが企業内のメンバーにフィードバックを送り、コミュニケーションやマネジメントを支援するサービス「YeLL」( http://yell4u.jp/ )を運営する株式会社もくてき(本社:東京都品川区、代表取締役:與良 昌浩) へ、出資いたしました。

優秀な社員がマネージャーに昇格したとき、事業の最前線でプレイヤーとしても活躍し続けなければならない昨今の「プレイングマネージャー」増加という中で、以前のように上司・マネージャーが十分なコミュニケーションを自分のメンバーと取ることの難易度が上がっており、メンバーが十分なフィードバックを受けられないという状況が増えています。

こうした課題を解決するために、もくてき社が運営する「YeLL」は、「クラウドサポーター」と呼ばれるコーチングやカウンセリグ、心理学などを学んだ”応援の専門家”が、企業内の社員に対して、上司や同僚と同じように、業務に関するフィードバックやアドバイス、そして応援を提供します。

イメージ画像

本サービスは、すでに日経情報ストラテジー(http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/14/262522/080600185/ )などに紹介され、企業からの反響と導入が進んでおります。

今回の出資を通じ、ICJは主にサービス内容の開発・改善と、利用企業の拡大に向けたマーケティング活動の支援を中心とし、「働く株主」として支援・協力を行って参ります。

また、B2Bでの事業拡大支援という観点から、ライフネット生命の創業期メンバーであり、ヌーラボ社「Backlog」や、Moff、Coconala、XICAといったベンチャー企業のB2B事業拡大に携わってきたICJの吉沢康弘が、取締役に就任し、お手伝いをさせていただきます。

▼ICJについて

ICJ(インクルージョン・ジャパン株式会社)は、リクルート・P&G・ライフネット生命といった事業会社でのマーケティング・事業開発を中心としたメンバー、および経済産業省で新産業創出に携わっていたメンバー等により構成されており、立ち上げ初期から一貫して事業に深く踏み込み、時には「マーケティング部長」といった役割などで支援先を徹底的にサポートするスタンスを強みとしています。直近ではココナラ、サイカ、Moffなどの事業開発を支援した実績があり、B2C, B2Bに関わらず、「働く株主」として支援先への積極的な支援を行い、突き抜けるベンチャー企業を日本から輩出することを主な目的として活動をしています。

▼ICJ1号ファンドについて

ICJが運営する本ファンドは、独立系ベンチャーキャピタル(VC)のインキュベイトファンド(東京・港)が2014年10月に設立した110億円規模のインキュベイトファンド3号投資事業有限責任組合からの出資を中心に構成されており、主に20代〜30代の大企業出身者を経営者とした新たなベンチャー企業の組成・初期立ち上げ・急速な成長にフォーカスをした投資および支援を行います。

■本サービスのウェブサイト

http://yell4u.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】

企業名:インクルージョン・ジャパン株式会社
担当者名:吉沢 康弘
TEL:03-6421-7555
Email:info@inclusionj.com